ピルは体を妊娠した状態にするため眠気が出ることが?

ピルは、セックスする際にコンドームを使用しなくても服用することで妊娠を防ぐ効果のある避妊薬です。

しかし、最近では避妊を目的ではなく他の作用に有効だからと服用している人も多いようです。

ピルは、女性ホルモンを含むホルモン剤であるので、飲むことで体を妊娠した状態にします。

その効果は妊娠を回避するだけでなく、生理前に起こる不調であるPMSや、生理が重い人の症状の改善の他、継続的に飲むことで卵巣がんや子宮体がんの予防にもつながります。

また、子宮内膜症の改善や、ニキビなどの肌トラブルを緩和して肌艶が良くなるなどの効果もあり、ピルは女性の体に様々な良い影響をもたらしてくれます。

その良い効果がある一方で、体を妊娠した状態にするため妊娠初期に出る症状が生じる場合もあります。

胸が張ったり吐き気や嘔吐、眠気もその一つです。

あるいはむくみが出たり食欲がやたら増進したりするなど様々なことが起こりますが、それもピルの副作用の一つで、体が薬に慣れてくることで落ち着くこともあります。

けれど、仕事中などに急に眠気が出たり、集中しなければいけないシーンで火照ったりぼーっとしてしまうのは日常生活に支障が出る場合もあります。

そして、薬を飲み始めても眠気やだるさというのが変わらないというのであれば、その薬が体質に合わないこともありますので、一度婦人科で相談するのが良いでしょう。

いくら避妊のためや、PMSの改善などにつながるためといっても生活が不便になるのであれば一度しようを考え直すのも良いでしょう。

ピルには様々な種類がありますので、その中でご自身の体質にあった薬が必ずあるはずなので、体調や体質のことも含めて他のピルを処方してもらうようにしましょう。