ピルの服用と内診の必要性と中毒症状について

ピルを服用するためには婦人科の病院を受診して低用量ピルの服用方法などの説明を受けてから飲み始めることが大切なのですが、この時に血液検査などをして血栓の有無を確かめたり、問診で喫煙歴や本数などを確認しなければ処方を受けることができないので、専門の医師による内診などが面倒な場合にはネットでピルを購入することもできるのですが、その場合にはマニュアルにしたがって飲むことが重要で、低用量ピルの場合には生理の初日から21日間飲み続けることが条件となっていて、飲み忘れなどがあると避妊効果がなくなるので飲み忘れには注意をしなければなりません。本来は内診をして定期的に血栓症の検査をしなければならないのですが、これを受けない場合には禁煙をしたり、毎日十分な水分を摂取して血栓症のリスクを減らす努力をしなければなりません。またピルが体質に合わない場合には医師と相談をして超低用量ピルなどに処方を変更しなければならないので、このような場合に内診が必要となります。ピルに関しては中毒症状が出ることはないのですが、服用方法が定められているので、必要以上に飲んでしまっていると中毒症状が起きることもあります。また正しい飲み方を守らないと生理でもないのに出血をしてしまったり、頭痛や肩こり、腰痛が起きることがあるので、飲み方を間違えることによる中毒症状などにも注意をしなければなりません。また血栓症のリスクに関しては、初期症状をしっかりと把握しておくことで早期発見することができるので、ふくらはぎが痛くなったり、腫れるなどしたら血栓症が起きている可能性があるので、医師や薬剤師に相談をすることが重要で、かかりつけ医に受診をして適切な処置を行わなければなりません。